持続化給付金/家賃支援給付金 申請サポート

新型コロナウィルス感染拡大防止のための措置として『持続化給付金』(法人で最大200万円、個人事業主で最大100万円)の給付制度が始まっています。

また、『家賃支援給付金』(法人で最大600万円、個人事業主で最大300万円)は7月14日の申請開始の予定です。

Ascending行政書士事務所では、中小・小規模事業者支援として持続化給付金及び家賃支援給付金の申請サポートを行っています。

※多くのお問い合わせをいただき、これまで新規の受任をお断りしておりましたが5月19日よりサポートの受付を再開いたします。

各給付金の申請サポートは、以下の報酬にて承ります。

持続化給付金のみ・・・1事業者あたり、30,000円+消費税(法人・個人事業主とも)

家賃支援給付金のみ・・・1事業者あたり、40,000円+物件数による加算+消費税(法人・個人事業主とも)

◯持続化給付金/家賃支援給付金セット

・・・1事業者あたり、60,000円+消費税(法人・個人事業主とも)

※「創業特例」などの特例措置を使用する場合や賃貸物件数が3件を超える場合など個別の事案ごとに最大20,000+消費税を加算する場合があります。

事前に給付額及び報酬のお見積を提示したうえで受任させていただきます。

ご相談は🔻お問い合わせフォーム🔻からお願いいたします。

<注意事項>2020年開業で5月1日までに税務署に開業届を提出していない方からの依頼は受任できません。そのようなお問い合わせをいただきましても基本的に返信いたしませんので、あらかじめご了承ください。